もしもオリジナルシャンソン曲のCD制作をプロに依頼したら。音楽試聴で比べて下さい!

音楽製作集団 リンダハウスミュージック
≫歌謡曲・J-POP楽曲
≫ジャズ・シャンソン楽曲
≫演歌楽曲
CDプレスは国内最安の格安価格です

プロのアレンジャー、ミュージシャン、エンジニアが一つのチームとなって制作する。
リンダハウスミュージックの楽曲・アレンジクオリティを試聴サンプルでお聴き下さい。

オリジナル曲制作、音楽製作、楽曲アレンジ、編曲、ミキシング、マスタリングetc...
音楽製作には実に様々な作業の段階があり、どれが一体どんな作業なのか?
詳しくは良くご存知でない方も、みなさんの中に沢山いらっしゃると思います。
「作曲と編曲ってどう違うの?」「鼻歌をアレンジするってどういうこと?」「ミックスってなに?」
そんな自然な疑問が、このページで試聴していただくことで、すぐにお分かりいただけます。


制作ケースB ジャズボーカル風アレンジ

@メロディは…アメリカの賛美歌「アメイジンググレイス」で。
Aアレンジは…古いシャンソン・ジャズボーカル風。演奏はもちろん生演奏で。

Bボーカルは…女性で。英語詩なので発音が綺麗である事。


それでは早速作業に入ります。まずは「アメイジンググレイス」のメロディを確認してみましょう。
Pさん: 「おーいMちゃん、ちょっと「アメイジンググレイス」を鼻歌でやってみて!」

元となるメロディの鼻うた

リンダハウスミュージックの電話受付&Web担当のMが鼻歌で歌った音源です。
もちろんMは歌手ではありませんし、音楽製作は一切出来ない普通の素人です(笑)。
この鼻歌を聴いても、いまいちはっきりとしたメロディは掴みづらいかもしれません。

次に、この鼻歌を「アレンジ依頼されたメロディ」と仮定してアレンジャーに渡します。
アレンジャーは依頼された3つの条件に従って、鼻歌にアレンジを施していきます。
まず鼻歌メロディにコードをつけて、イントロ・Aメロ・サビといった展開を作ります。

今回アレンジを行ったのは自身のカルテットで活躍するジャズピアニストでした。
ピアノ、ギター、ベース・ドラムはそのバンドのメンバー4人でライブ演奏し、それを
エンジニアがスタジオ録音します。後日、知り合いのファゴット奏者にダビングで
録音をしてもらい、自身もヴィブラフォンをダビングしてアレンジの完成となりました。

ジャズやシャンソン、カンツォーネ、タンゴといったジャンルの音楽は、基本的に全て
生演奏でなければ意味がありません。人間同士がアンサンブルする事で生まれる
お互いの呼吸、リズム、間(ま)がなければ、情熱的なボーカル曲にはならないのです。

しかし格安の楽曲制作サービスでは、予算や人材の都合で全ての楽器を打ち込みで
制作しなければならず、生演奏ではない「機械的な」演奏になる事がほとんどです。
結果として、本格的な「ジャズ」や「シャンソン」の制作が出来る音楽制作業者は
あまりネット上でも見つかりません。(ジャズ風のJ-POPならあるかもしれませんが)

こうして鼻歌を元にアレンジ→生演奏のレコーディングを経てバックトラックが完成。
それをエンジニアがラフミックスして、アレンジが出来上がります。

アレンジ終了後のカラオケ(歌入れ前のラフミックス)

「ラフミックス」というのは「適当にやった(ラフな)ミックス」という意味ではありません。
この曲は歌が入ることが前提ですので、歌の入っていない状態ではまだ本番のミックスを
施すことが出来ないため、このような「仕上げの一歩手前」のミックスを仮で作ります。
※歌が入らないインストゥルメンタル曲やカラオケ制作の際は、ラフミックスは作らずに
そのまま本番のミックス、マスタリングへと進みます。

次にボーカルのレコーディングを行います。私達のチームには帰国子女や海外在住の
ボーカリストもいますので、彼女に音源を送り、自身で歌入れをしてもらいました。
歌っているのはもちろん、受付のM嬢とは違う(笑)プロのボーカリストが歌っています。
歌入れが終わったら、再びエンジニアが最終的なミキシングを行い、CDや音楽配信といった
「商品(売り物)」のクオリティになるようマスタリングを施して、完成となります。

歌入れ後にミックスした完成曲

Pさん:「んんっ、本当にジャズ/シャンソン風の仕上がりになっているね!」
LHM: 「こういったジャンルは打ち込みだけで作る事は出来ませんし、
    演奏する際にも各ミュージシャンの基本的な演奏力が必要です。
    例えプロのギタリストやピアニストでも、一人で全ての楽器を演奏して
    この様なアレンジを完成させるのは難しいですが、チームで制作する
   私達なら、このようなジャンルのアレンジもお手の物です」
Pさん: 「確かに、これなら単なるカラオケをバックに歌うのとは大違いだね。」


ジャズボーカルやシャンソン、カンツォーネといったジャンルは、オリジナル曲よりもカバーや
スタンダードナンバーを歌う事が、ファンの間では好まれているのも事実です。
DTM(パソコンでの音楽製作)や打ち込みでは最も制作が難しいジャンルであるが故に、
私達のアレンジ製作プランの中でも、最もご依頼の多い楽曲ジャンルの一つとなっています。
リンダハウスミュージックには新進気鋭の若手ジャズピアニスト、ギタリスト、ベーシスト、
ドラマーが大勢参加しています。彼らの奏でる「生のグルーヴ」に乗せて、あなたの情熱的な
ボーカルを、メジャークオリティのCDとして制作するサポートをさせて頂きます。

  ゼロからのオリジナル曲制作 編曲・アレンジ BGM制作 出張レコーディング ミキシング・マスタリング  
  トップページ LHMについて 個人情報保護方針 サイトマップ お問合せ  
リンダハウスミュージックへの問い合わせ